多忙の中にあるやりがいを実感

フリーランスエンジニアとして働くことで、仕事内容によって年収を高めるやりがいが感じられます。もちろん、仕事を獲得するために苦労はありますが、それも工夫によって継続的に確保できます。
まずフリーランスエンジニアは、会社勤めとは異なりスキル磨きを自分のペースで行えます。あらかじめキャリアプランを立てた上で、必要な技術を習得できます。その上で、スキルを活かせる仕事を選ぶことができるわけです。この自由度の高さと思い描くキャリアを積み上げられる点が魅力となります。
ただし会社とは異なり、社会保険に加入することがないので健康保険や国民年金に加入する必要があります。家族がいれば、その人数分だけ支払うことになります。社会保険よりも負担が増えるので、その分収入も増やす必要があります。
また経理の処理やクライアントとの折衝など、やることは多くあります。けれどもそのような雑務も良い経験となります。効率良く業務をこなしたり、コミュニケーション能力を高めたりとビジネススキルも高まります。
将来キャリアチェンジを行う上でも、このような経験は大きく役に立ちます。管理職としての業務をこなすことが可能になりますし、あるいはコンサルタントとして活躍することも可能です。
自分の能力が高まることを実感できるので、多忙な中でもやりがいを感じるようになります。もちろん、再度会社員に転職して安定した収入を得ることもできるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です